子宮筋腫をできるだけ切らずに治す方法はあるの?

子宮筋腫は女性特有の病気で腫瘍は良性なので命にかかわる病気ではありません。

とはいえ、そのまま放置していると筋腫が硬くなったり腐ったり、他の臓器に影響を与えることもあります。

ですから治療することが大切です。

けれども、実際には突然大きくなることや筋腫が変化することはありませんから経過観察しながら治療方法を考えることになります。

子宮筋腫を治療する目的は、生活改善または生活に支障がある場合に軽減することが大切です。

ですから、生活に師匠がない場合は症状が無い場合には経過観察でかまわないともいわれています。

ただ、妊娠・出産を望んでいる場合には症状がなくても治療をすることもあります。

子宮筋腫を切らずに治す薬は?

子宮筋腫を治療する場合に、できれば切らずに改善したいと考える方も多いでしょう。

病院によってはできるだけきれずに治療することを推奨しているところもあります。

その場合は、薬を使用して治療をするようになります。

Menjoy_43987_1

一般的には、鉄剤や鎮痛剤、漢方薬などを使用して治療をおこないます。

ぜったいに手術が必要と考えられる場合以外はこれらの薬を使用して改善を試みます。

子宮筋腫は女性ホルモンが影響している成長するといわれていますので、女性ホルモンが低下する閉経後は筋腫は小さくなり症状もなくなると言われます。

ですから閉経すれば治療は必要なくなります。

漢方薬を使用することもありますが、漢方薬にはとてもたくさんの種類があります。

適切な組み合わせをすれば副作用もなく筋腫の症状を改善することができます。

とくに子宮筋腫の症状で多い、冷え性や便秘、頭痛、月経にともなう不快な症状などに効果があります。

また費用が比較的安いことで閉経まで治療を続けなくてはいけない筋腫の場合には嬉しいポイントでもあります。

ホルモン剤での治療を行うこともあります。

ホルモン剤での治療は筋腫が完治するのではなく、一時的に症状を抑えるために使います。

女性ホルモンを人工的に閉経の状態にもっていくことで生理を止めて、生理に伴う症状を解消します。

また、これにより筋腫を縮小させることができます。

ただ、長期間続けると更年期症状や骨量低下などの問題があるので期間を決めて行わなくてはいけません。

そして、薬の使用を停止するとまた筋腫はもとの大きさに戻ってしまいます。

ですから、閉経が近い方ならこの方法を選択することができますが、若い人だとなかなか難しいでしょう。

また、手術をする場合にはこの方法で筋腫を小さくして手術をしやすくすることもできます。

  [スポンサードリンク]

子宮筋腫の手術方法もいろいろある

実際に薬での治療を行ってみても満足のいく効果が無い場合には手術を考えることもあります。

子宮筋腫の手術方法はいろいろあります。

ここでご紹介しておきましょう。

1.開腹子宮全摘出

 この手術のメリットは膣式や腹腔鏡では摘出できない場合でも可能であること。

 手術条件もとくに制限がないのでどなたでもうけられるでしょう。

2.膣式子宮全摘出

 出産経験があり子宮が大きすぎないこと、過去の手術や子宮内膜症の癒着がないことが条件となります。

 お腹を切らないので開腹手術よりも痛みが軽く退院が早いのがメリットです。

3.腹腔鏡子宮全摘出

 出産経験がなくても、癒着があっても手術が可能なことも多く、膣式よりも適応範囲が広がります。

 メリットはお腹をほとんど切らないので開腹よりは痛みが軽く退院が早いです。

4.開腹筋腫摘出

 この手術は原則として制限はなくて多発性や大きな筋腫でも手術が可能です。

 費用も比較的安いのがメリットと言えます。

5.腹腔鏡筋腫摘出

 筋腫が大きすぎない場合や数が多すぎない場合に出来る手術です。

 小さな傷で済むことや癒着がすくないので開腹よりも痛みが軽いのがメリットです。

6.子宮鏡筋腫摘出

 粘膜下筋腫や子宮内膜に近い筋層内筋腫、子宮腺筋症の際に行います。

 傷がまったくなくて癒着がないので痛みもほとんどなく翌日退院できるのがメリットです。

このように子宮筋腫の治療に選択される手術はいくつかあります。

けれども、できるだけ切らない治療を行いたい場合には、傷がすくない手術方法を選択したいですよね。

これらの手術方法があることを知っていれば、医師と相談する際にもしっかりと自分の希望を伝えることもできるでしょう。

60594556_手術

子宮筋腫をできるだけ切らずに治療する方法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、子宮筋腫をできるだけ切らずに治療する方法についてご紹介しました。

子宮筋腫はほおっておくと大きくなったさまざまな症状がでるので早めに治療しなくてはいけない。

そう思っている方も多いでしょう。

けれども、大きくならない子宮筋腫もありますし、無症状の場合もあります。

そんな時はとくに治療をしないで経過観察することもあります。

また、できるだけ切らない治療を望んでいてもどうしても手術が必要になることもあります。

そんなときはいくつかの手術方法があることやそのメリットを知っておくと治療方法を選択する際によいでしょう。

ぜひ、今回の記事をしっかりと理解しておきましょう。