子宮頸がんはどのように治療するの?手術の場合は?

女性特有の病気はいろいろありますが、子宮頸がんをご存知でしょうか?

子宮頸がんは、最近20代から30代の患者数が増えているということでも知られています。

じつは早期発見できれば治療しやすいガンでもある子宮頸がんですが、年間約3500人の方が亡くなっています。

そこで子宮頸がん検診を定期的に受けることが大切になるのです。

では、子宮頸がん検診で子宮頸がんが見つかった時にはどのような治療が行われるのでしょうか?

今回はそんな気になる子宮頸がんの治療法や手術についてお話していこうと思います。

ぜひ、参考になさってください。

子宮頸がんってどんな病気?

まずは、子宮頸がんという病気について、ご紹介していきましょう。

子宮頸がんは、子宮の入り口の支給頸部にできる悪性の腫瘍で、ヒトパピローマウイルスに感染することが原因で発症することがほとんどです。

このヒトパピローマウイルスには種類がいくつかあって、ハイリスク型のウイルスに感染すると子宮頸部のガン化に注意が必要となります。

発症することで少しずつ時間をかけてがん細胞が増殖していきます。

ただ、ほかのガンのように進行が速くないので、早期発見で早期治療が可能となります。


出典:http://hoken-kyokasho.com/

子宮頸がんの治療ってどのようにおこなうの?

それでは、子宮頸がんの検査で子宮頸がんを発見した場合、どのように治療を行うのでしょうか?

じつは、子宮頸がんになる細胞は、がんになる前に異形成という正常とは異なる形の細胞となります。

この段階で発見することで、ガン細胞化する前に治療ができるのです。

子宮頸がんが発症すると、がんの進行程度や患者の年齢、妊娠希望の有無などによって治療方法を選ぶことになります。

まずは、子宮頸がんのステージについて、お話ししましょう。

  [スポンサードリンク]

ステージとは癌の進行状態のことです。

ステージⅠは、子宮頸部にだけガンがとどまっている状態です。

ステージⅡは、子宮頸部を超えて広がっているけれど、骨盤壁または膣壁の下3分の1には達していない状態です。

ステージⅢは、骨盤壁まで達していて、腫瘍と骨盤壁との間にがんでない部分がない、または膣壁への広がりが下3分の1まで達している状態です。

ステージⅣは、小骨盤腔を超えて広がるか、膀胱や直腸の粘膜にも広がっている状態です。

このステージによって治療法を決めることができます。

ステージⅠ~Ⅱの初期段階の場合の治療方法は、手術による切除が一般的です。

円錐切除術

手術は、円錐切除術があります。

初期段階の子宮頸がんの場合、この円錐切除術となることが多いです。

ガン細胞のある子宮の頸部を円錐状に切除します。

レーザーや高周波メスを使って10分から20分程度の所要時間で終わります。

この方法だと子宮の大部分が温存されます。

けれども、子宮頸管が狭くなったり子宮口の癒着が起こることもあります。

さらに子宮頸管が短くなることで流産や早産になりやすいこともあります。

子宮全摘出術

そしてもうひとつ、子宮全摘出術もあります。

こちらは、円錐切除術では病変を取りきれないほど大きくなってしまっている場合に行われる子宮を全部摘出する手術です。

がんのステージが軽い場合には子宮だけを摘出する単純子宮全摘出術、そしてステージが進んでいる場合には支給の周囲の組織もいっしょに摘出する手術となります。

化学療法

さいごに放射線治療や抗がん剤などの化学療法があります。

手術とならんで一般的な治療法で、放射線療法になります。

膣内や子宮腔内から直接患部に放射線を当てる腔内照射や転移の可能性のある骨盤のリンパ節も含めて体の外側から当てる外部照射を併用します。

病状によって放射線治療と抗がん剤を同時に行うこともあります。

子宮頸がんがステージⅢかⅣになっている場合には、手術療法はしないで放射線治療や抗がん剤治療をあわせて行うことが一般的です。

治療後も、1,2年目は1~3か月ごとに一度、3~6年目は3か月~半年ごとに一度、それ以降は1年ごとに通院して再発などを確認してもらうようになります。

手術後の生活についてはほとんど制限はなく、体の回復に合わせて普通に生活することができます。

子宮頸がんはどのように治療と手術の場合についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、子宮頸がんをどのように治療するのか、また手術方法について御紹介してまいりました。

今回ご紹介したように子宮頸がんの治療方法は、進行ステージ、年齢、妊娠希望の有無などによって決められます。

ですから、自分で選ぶことはできません。

とはいえ、治療についてはわからなことが有れば、しっかりと医師に聞いてみましょう。

そして、納得の上で治療を開始することが大切です。

子宮頸がんは早期発見できれば、ガン化するまえに治療を開始できるガンです。

そして子宮を温存したままの治療が可能となります。

ですから子宮頸がんの早期発見のためにもできるだけ定期的に検査を受けるように心がけましょう。

今回の記事を読んでわからないこと、気になることがある場合には医師に相談してみてください。