子宮内膜ポリープってどんな病気?不妊の原因になるって本当?

女性特有の病気はいろいろあるけれど、子宮内膜ポリープという名まえを聞いたことがある人は少ないかもしれません。

名前は聞いたことがあるけれど、どのような病気かはあまり知らないという方も多いと思います。

じつは子宮内膜にできる粘膜が増殖してできた突起のことを子宮内膜ポリープというのですが、これが不妊の原因になっているかもしれないというのです。

女性にとっては大きな問題ですよね。

そこで今回は、子宮内膜ポリープとは何か、また不妊の原因となるのはなぜか、などをお話ししていこうと思います。

ぜひ、参考になさってください。

子宮内膜ポリープってなに?


出典:http://www.kahns.org/index.html

まずは、子宮内膜ポリープとはどのようなものなのかご紹介していきましょう。

子宮内膜ポリープは、子宮内膜から子宮の内側に向かって突起ができる腫瘍のことです。

ポリープといえば、喉や胃などにできるというイメージがある人も多いですが、子宮内膜にもポリープができます。

一般的には大きさは1センチ未満ということが多いですが、2センチ以上の大きさとなる場合も全体の1割から2割程度みつかります。

1つだけの単体でできることが多いのですが、複数で発生することもあります。

そして、殆どの場合が良性の腫瘍ですがまれに悪性のガンであることもありますので、検査はしっかりと行わなくてはいけません。

子宮内膜ポリープができるのは、40代~50代の女性に多く、不妊に悩んでいいて検査すると子宮内膜ポリープが見つかるケースも少なくありません。

ですから、年齢を問わず気を付けたい病気のひとつでもあります。

子宮内膜ポリープの症状は?

子宮内膜ポリープは小さい場合には自覚症状がほとんどありません。

ですから、婦人科の定期検診などで偶然見つかることも少なくありません。

ただ、生理で出血量が多い月経過多や不正出血があったり、生理痛が酷いといった症状も子宮内膜ポリープの可能性はあります。

このような症状が有る場合には、一度婦人科を受診してみるとよいでしょう。

  [スポンサードリンク]

子宮内膜ポリープの原因は?

ではなぜ子宮内膜ポリープができてしまうのでしょうか?

じつはまだ、子宮内膜ポリープができる原因は詳しくわかっていません。
けれども、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが何らかの関係をしているのではと考えられています。

エストロゲンが過剰に分泌されるときやエストロゲンに対して子宮内膜の感受性が高くなっている場合には、子宮内膜が過剰増殖して子宮内膜ポリープをつくり子宮内膜症などの病気になる可能性があります。

エストロゲンの分泌が活発なのは20代~30代で、閉経を迎えると分泌量が減ります。

けれども子宮内膜ポリープがよく見られるのが40代~50代なのでエストロゲン以外の原因もある可能性があります。

子宮内膜ポリープが不妊の原因?

では、本当に子宮内膜ポリープが不妊の原因になるのでしょうか?

受精は精子と卵子が出会い子宮内膜に着床して始めて妊娠となります。

受精卵が子宮内膜にたどり着いても子宮内膜ポリープが邪魔すると着床できない可能性があります。

子宮内膜ポリープが小さい場合には不妊の初期検査でも見つからないことがあるので、不妊の原因が分からないと言われることがあります。

けれども、実際には子宮鏡下内膜ポリープ摘出術を行うことで妊娠率を高めることができます。

子宮内膜ポリープの治療はどのように行うの?

https://www.youtube.com/watch?v=qN2ul5IUXhE

では、子宮内膜ポリープが発見された場合、どのように治療を行うのでしょうか?

子宮内膜ポリープは小さい場合には自覚症状がありません。

自覚症状がない場合には急いで治療する必要はありません。

とはいえ、悪性との鑑別が必要な場合もあるのでそのときははやめに手術で摘出します。

子宮内膜ポリープは薬での治療はできないと言われています。

月経過多などの症状が有る人、不妊の原因と考えられる人の場合にも手術を行います。

手術は、膣から子宮鏡をのぞきながら行うので、お腹を切ったりすることはありません。

子宮内膜ポリープを手術で取り除くと、不正出血や子宮への精子輸送障害、着床障害が改善されるので妊娠しやすくなると言われています。

子宮内膜ポリープと不妊の原因についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、子宮内膜ポリープと不妊の関係についてご紹介してまいりました。

子宮内膜ポリープは聞きなれない病気ですが、じつは自覚症状はなくてもポリープができている可能性があるということです。

もちろん自覚症状がない場合にはあせって治療をする目る必要はありません。

けれども、それが不妊の原因となっている可能性もあるのでしっかりと検査をしたいものです。

不妊で悩んでいる女性は、子宮内膜ポリープの可能性も考えて検査をお願いしてみましょう。

また、今回の記事の中で分からない事や気になることがある場合には、早めに医師に相談してみましょう。