子宮筋腫の治療法っていろいろあるの?どんな風に治療法を選べばいいの?

子宮筋腫は女性の4人に1人が患う病気という事で、自分にとっても他人事ではありませんね。

けれども、子宮筋腫も初期や大きさが小さい場合には自覚症状がほとんどないので気づかないまま放置している人も少なくありません。

ですから、逆に痛みや違和感などの症状を感じた時には子宮筋腫が悪化していたり、大きくなっていたりする可能性も高いのです。

そんな子宮筋腫が見つかったらどのような治療が行われるのでしょうか?

今回は子宮筋腫の治療法について、いくつかご紹介しようと思います。

子宮筋腫の治療法は年齢や筋腫の場所で決まる

子宮筋腫があることが分かってもすぐに治療を開始するわけではありません。

子宮筋腫のある場所や大きさ、そして患者さんの年齢によっても治療方法は違ってくるからです。

まず、子宮筋腫があることがわかったら年に1度程度の検査で筋腫の変化を調べる経過観察がおこなわれます。

そして、子宮筋腫が大きくなっていたり、悪化してきた場合には治療法が考えられます。

子宮筋腫の治療方法にはいくつかあります。

どの治療法にするかは、医師との相談で決定されるでしょう。

  [スポンサードリンク]

子宮筋腫を保存治療する場合と手術を考える場合

子宮筋腫の治療法はいろいろありますが、子宮筋腫を手術しないでそのまま保存しながら治療する方法があります。

この方法は、子宮筋腫の症状にもよりますが、子宮の警部や子宮内膜には悪性の病気がないことを確認したうえで経過観察していきます。

反対に手術で子宮筋腫の摘出を考える場合もあります。

それは、子宮筋腫があることで月経過多になったり、出血が止まりにくく貧血状態になったりしている時です。

貧血だけであれば鉄材などで改善する方法もありますが、月経時の出血をへらすことができないので手術が選択されるのです。

筋腫が粘膜下に出来てしまっている場合は、出血量がかなり多くなってしまい手術で摘出治療を考えることになります。

また、子宮筋腫が大きくなってしまって他の臓器を圧迫して腰痛や頻尿などの症状で悩まされている場合にも摘出手術が考えられます。

60594556_手術

子宮筋腫のホルモン療法とは?

子宮筋腫の治療方法のひとつにホルモン療法があります。

これは、女性ホルモンのバランスを操作して子宮筋腫を治療する方法です。

子宮筋腫の成長を促すとされている女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌を抑えることで子宮筋腫を小さくしたり、症状を和らげる治療になります。

ホルモンを直接コントロールすることで効果が高いのですが、ホルモンバランスが不安定になることで副作用も心配されます。

ホルモン療法をすることで、月経がとまり、子宮が小さくなって一時的に更年期の閉経のような状態になります。

それで、筋腫も小さくなります。

けれども薬をやめてしまうと再び月経が始まって筋腫がもとのサイズに戻ってしまうこともあります。

ですから、子宮筋腫を完全に消去させてしまうことは難しいのです。

shutterstock_110822132

子宮筋腫の対処療法は?

子宮筋腫自体のサイズを小さくしたり、悪化を抑えるのではなく、子宮筋腫が原因で起こるさまざまな症状を抑える対処療法もおこなわれます。

たとえば、強い月経痛が起こった時には鎮痛剤が使われます。

鎮痛剤を使う場合には胃腸障害の心配もあるので胃痛を抑える薬と共に使われる場合もあります。

そして月経過多による貧血には鉄剤が使われます。

鉄剤は飲み薬が一般的ですが飲み薬では改善されない場合には注射によって直接鉄分を体内に注入する方法もあります。

また、さまざまな症状に対応する漢方薬も子宮筋腫の症状を和らげるために用いられることがあります。

shutterstock_51989665

ご存知の通り漢方薬は副作用が少ない薬としてしられています。

けれども、正しい漢方薬の組み合わせは、1人1人違います。

そこでしっかりと漢方の専門医と話しをしたうえで処方してもらうことが大切です。

漢方薬は薬局などで購入することも可能ですが、自分にあった漢方薬でないと副作用がでることもありますので注意が必要です。

子宮筋腫の治療法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、子宮筋腫の治療法についていくつかご紹介しました。

子宮筋腫があるからと言って直ぐに治療に移るわけではありません。

とくに閉経間近の女性の場合には、閉経を迎えると筋腫は徐々に小さくなると言われています。

ですから、そのまま経過観察をする場合も多いです。

とはいえ、子宮筋腫の大きさや場所、またそれに伴う症状によって治療が必要になります。

とくに症状がひどい場合には手術治療が行われることもあります。

これらの治療方法は、医師と相談して決めることになります。

それぞれの治療にはメリットもデメリットもありますので、事前にしっかりとそれを理解して自分の意志で治療方法を選択することの大切です。

今回ご紹介した治療法を理解して自分の治療方法を考えるようにしましょう。