子宮筋腫の治療法の選択はどのように決めればいい?

子宮筋腫は、女性特有の病気ですが良性の腫瘍なので命に関わることはありません。

けれども、子宮筋腫の大きさやできている場所、数などによっては治療をしなくてはいけないこともあります。

子宮筋腫の治療は、さまざまあります。

とくに最近は、治療方法にも選択肢の幅が広がりました。

そこで、今回は子宮筋腫の治療をする際に多くの治療方法からどのように治療法を選択すればよいのかをご紹介しましょう。

子宮筋腫の治療が必要な時は?

子宮筋腫は、成人女性の4人に1人が患っていると言われるほど頻度の高い婦人科系の病気です。

そして、初期やサイズが小さい場合には自覚症状が無いことも多いので、実際に筋腫をもっていても気づかない方もいます。

もちろん良性の腫瘍という事で、経過観察で必ずしも治療をしないことも少なくありません。

では、どのような時に治療が必要になるのでしょうか?

子宮筋腫で治療が必要になるのは、月経時に痛みが酷かったり多量の出血があり貧血などがある場合です。

毎月、月経時に多量の出血がある場合には貧血を起こしてしたり、下腹部が圧迫されて頻尿や便秘などの症状に悩まされることもあります。

さらに、妊娠を希望している場合で子宮筋腫が不妊の原因となっている場合も治療が必要になります。

  [スポンサードリンク]

子宮筋腫の治療選択は妊娠の希望による

子宮筋腫の治療方法にもいろいろあります。

その選択する際にとても大切なことが一つあります。

それは、今後妊娠を希望するかどうかということです。

妊娠を希望しない場合には、手術で子宮全摘出することで再発の危険がなくなります。

また、子宮全摘出手術によって子宮筋腫の再発だけでなく子宮がんの危険がなくなるほか、他の子宮の病気の心配もなくなります。

けれども、妊娠ができないことがデメリットとなります。

kinsyu-08

そこで、今後妊娠を希望するかどうかということが治療選択の重要なポイントとなるわけです。

体に負担の少ない腹腔鏡下手術もある

子宮筋腫を手術で治療するとなるとちょっと体のことが不安になりますよね。

そこで体に負担の少ない腹腔鏡下手術があることをご存知でしょうか?

腹腔鏡下手術とは、お腹に3,4カ所の穴をあけて、内視鏡と呼ばれる細い管を使って、筋腫または子宮を摘出する手術方法です。

内視鏡を挿入する穴は5ミリから大きくても15ミリ程度なので傷が小さく、痛みが軽いことが特徴です。

また、術後の傷の治りが早く、早く退院できたり、社会復帰も早いこともメリットです。

子宮筋腫を手術する際には、このように体に負担の少ない手術方法を選択することもできるのです。

969fc8a588222791194bf38cf282fa0f
出典:http://www.kosei.jp/

薬物治療も子宮筋腫治療の選択肢

子宮筋腫の治療方法のなかには薬物治療も選択肢としてあります。

子宮筋腫の原因ははっきりとはしていませんが、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが大きくかかわっていると言われています。

そこで女性ホルモンの分泌を一時的に抑えて筋腫を小さくする治療法があります。

その為に薬を投与するのですが、この薬の投与期間が長くなると月経がとまって子宮が小さくなります。

これは一時的に更年期の閉経に近い状態にしているのです。

このことで子宮筋腫自体も小さくなります。

けれども、この薬の投与をやめてしばらくするとまた、月経がはじまるので筋腫も元の大きさに戻ってしまいます。

この治療法で完全に子宮筋腫を消滅させることは今のところできていません。

ですから、この方法で子宮筋腫の治療をするのに適しているのは妊娠を望んでいる女性の場合です。

妊娠を望んでいるけれど子宮筋腫があることで不妊の状態である場合、薬の投与である程度筋腫を小さくして、また大きくなるまでの間に妊娠を試みることができます。

もちろん、再発の危険性があるのですが妊娠を望む場合は手術でも筋腫核手術になりますので、再発の危険はあります。

どの方法で治療をするかは、本人の子宮筋腫の場所やサイズ、数などによって違いますのでしっかりと担当の医師と相談するとよいでしょう。

hospital-700x400

子宮筋腫の治療法の選択についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、子宮筋腫の治療法をどのように選択するかについてご紹介しました。

子宮筋腫と一言でいっても、いろいろな大きさや場所などがあり人それぞれに症状も違います。

ですから、治療方法も違ってきます。

とはいえ、治療方法はいくつもあり、自分が望む未来のことも考えて選ぶことになります。

今回ご紹介したように、自分自身に一番よい治療法を見つけるためにそれぞれに治療法のメリットやデメリットを知って、理解したうえで医師と相談できるといいですね。

ぜひ、今回の記事を参考に自分に合った子宮筋腫の治療法を見つけてみてください。