子宮筋腫で便秘になるって本当?その原因はなに?

女性は、便秘で悩んでいる人が多いですよね。

女性が便秘になる理由はさまざまあります。

たとえば、月経や妊娠、出産、出産後や高齢になった女性特有の便秘などがあります。

とくに女性特有の病気として知られる子宮筋腫での便秘の症状が見られます。

今回は、子宮筋腫で便秘になる原因やその予防法などをご紹介しようと思います。

子宮筋腫と便秘の関係は?

Perfect beautiful body of young girl , isolatedon a white background

女性の多くが便秘で悩んでいるといわれますが、子宮筋腫と便秘が関係があることをご存知でしょうか?

便秘の原因にはさまざまあります。

たとえば、不規則な生活や食習慣、腹筋の弱さなどもあります。

さらに女性ホルモンの働きも便秘の原因となっています。

女性ホルモンの働きで便秘になることは、生理前に便秘気味になって生理直前や生理中には下痢気味になることからもわかるでしょう。

じつは生理前には、プロゲステロンという女性ホルモンが増えます。

このプロゲステロンは、妊娠できる体になるために体内に水分を保つ働きがあります。

その働きにともなって、大腸もより多くの水分を吸収しようとすることから便の水分が少なくなって固くなってしまいます。

ですから排出しにくく、便秘になりがちなのです。

  [スポンサードリンク]

さらにこのプロゲステロンという女性ホルモンには子宮の収縮を抑える働きもあります。

そのために大腸の蠕動運動を抑えてしまうのです。

このような原因で、女性は便秘になりやすいと言われています。

そして便秘が続くと腸内に善玉菌が減ってしまいます。

そのためガスや有害物質を発生させる悪玉菌が増えて、血液に有害物質が溶け出してしまします。

すると吹き出物や肌荒れなどの体調不良へとつながってしまうのです。

腸内環境がわるくなると血流も悪くなってしまいます。

血流が悪くなると内臓などが冷えてしまい、自律神経の働きも女性ホルモンの分泌を滞ってしまいます。

ホルモンバランスの乱れが子宮筋腫の原因ともなりますので、便秘が子宮筋腫をできやすくしてしまうことも考えられるのです。

子宮筋腫が原因で便秘になる?

smooth

では、子宮筋腫ができると便秘になるのでしょうか?

子宮筋腫ができるとさまざまな症状がでます。

そのなかに便秘の症状も見られます。

子宮筋腫は小さい時はとくに自覚症状もなく、気づかないまま放置してしまうことも少なくありません。

けれども、子宮筋腫がだんだんと大きくなると子宮の周りの臓器を圧迫してしまいます。

そのひとつが腸なのです。

子宮筋腫が大きくなって腸を圧迫すると血流が悪くなって、便秘になりやすいといわれています。

また、成長した子宮筋腫が骨盤内にある直腸を圧迫してしまい、直腸の管が狭くなってしまいます。

ときには捻じれてしまって管が狭くなって便の排泄経路がふさがれて便秘になってしまうのです。

子宮筋腫で下痢や頻尿になる場合も

子宮筋腫で便秘になってしまうケースはよくあるのですが、実は下痢や頻尿になってしまうという方もおられます。

直腸を圧迫している子宮が生理の時などに何度も収縮を繰り返すと、直腸を刺激してしまって下痢や頻尿になってしまうのです。

とくに生理ところに下痢や頻尿になる場合が多いです。

benpi_index

子宮筋腫の便秘に適度の運動

さまざまな症状を引き起こす子宮筋腫ですが、そんな子宮筋腫や便秘を改善するために適度な運動を取りいれると良いといわれています。

これは、運動をして筋肉を動かすことで全身の血行が良くなって体が温まります。

すると子宮や卵巣なども血流がよくなって正常な働きをするようになるのです。

子宮筋腫ができるのは女性ホルモンのバランスが崩れることが原因と言われています。

ですから軽い運動をすることで骨盤のケアをしたり、体の歪みを治すと女性ホルモンのバランスも整ってきて子宮筋腫の改善にもつながります。

また、骨盤をケアすることで自律神経の働きが正常になります。

すると子宮筋腫だけでなく体のさまざまな不調を改善することができます。

そこで、朝の寝起きに布団の上で軽い運動を習慣としましょう。

自律神経が乱れていると低血圧でなかなか起きられない方もいるでしょう。

ですから寝起きに布団の上で軽く運動をすることで交感神経に切り替わって骨盤を占めることで体内リズムを整えることができます。

もちろん、時間があれば朝のウォーキングやヨガなどもおすすめです。

でも、毎朝決まった時間をとるのが大変という女性も多いと思いますので、まずは寝起きの軽い体操から始めてみてください。

111113walking-thumb-526x350-30715

子宮筋腫と便秘の関係についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は子宮筋腫と便秘の関係についてご紹介しました。

子宮筋腫があると便秘になりやすい。

便秘がちだと子宮筋腫になりやすい。

どちらも当てはまることなんですね。

実際に便秘が酷いから調べてみると子宮筋腫があったという女性も少なくありません。

便秘は多くの女性が悩まされることですが、その原因もひとそれぞれ。

ただ、便秘であることは身体のホルモンバランスが崩れている証拠でもありますので、できるだけ改善できるように心がけるとよいでしょう。

また、子宮筋腫による便秘は子宮筋腫の改善が一番ですから、専門医と相談しながらできることから取りいれてみると良いと思います。

ぜひ、今回の記事を参考に自分の便秘が子宮筋腫と関係があるのか考えてみて欲しいです。