多発性子宮筋腫の場合は妊娠&出産ができるの?注意点は?

女性特有の病気である子宮筋腫。

成人女性の25%以上が筋腫をもっていると言われるほど女性にとって身近な病気でもあります。

そんな子宮筋腫ですが幾つか一緒に発生することも少なくありません。

同時に複数発生する子宮筋腫の事を多発性子宮筋腫と言います。

子宮筋腫と言えば大きさやできる場所などによっては自覚症状がないともいわれています。

でも女性にとって気になることといえば、子宮筋腫が不妊の原因ともなると言われている事ではないでしょうか?

では多発性子宮筋腫の場合には、妊娠・出産することはできるのでしょうか?

妊娠・出産が可能の場合には、どのようなことに注意しなくてはいけないのでしょうか

今回は、そんな多発性子宮筋腫の女性が妊娠・出産を望むときに注意すべき点などを御紹介しましょう。

妊娠中に多発性子宮筋腫が見つかったら?

妊娠を期に子宮筋腫が見つかるという女性も少なくありません。

それが複数の場合は、多発性子宮筋腫ですね。

kinshu

多発性子宮筋腫が妊娠中に見つかった場合には、自分の体もですが胎児への影響も気になるところでしょう。

子宮筋腫のせいで、赤ちゃんの発育の妨げになってしまったらどうしようと悩んでしまうかもしれません。

もちろん、子宮筋腫の大きさやできている場所によってはお腹の赤ちゃんへの影響も考えられます。

けれども、ほとんどの場合はお腹の赤ちゃんへの影響はないことの方が多いでしょう。

胎盤の位置と子宮筋腫の位置関係がよくない場合には、妊娠中に胎盤が剥がれてしまう可能性もあるといいます。

多発性子宮筋腫があるのとないのでは、やはり起こりうる可能性がある症状がちがいますので十分に注意をしたいものです。

  [スポンサードリンク]

多発性子宮筋腫は妊娠で大きくなる

子宮筋腫は、多発性であっても単発性であっても妊娠中に発見されることが多いです。

妊娠すると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが急激に増えることから、大量のエストロゲンにより子宮筋腫も大きくなると言われています。

ですから、妊娠前は小さくて気づかなかった子宮筋腫に妊娠をきっかけに気づくことが多いのです。

とくににんしん初期は女性ホルモンがたくさん作られるので子宮筋腫も大きくなります。

けれども、いつまでも大きくなり続けるわけではありません。

だいたい妊娠6か月位までには成長が落ちついてきます。

matanity2_soft

多発性子宮筋腫と自然分娩の可能性は?

多発性子宮筋腫がある妊娠中の女性が気になるのは、自然分娩ができるのかということです。

子宮筋腫があるからといって必ず自然分娩ができないというわけではありません。

基本的には子宮筋腫の位置と胎児の位置が関係してきます。

出産間近になってくると子宮口は徐々に開いてきます。

そして赤ちゃんは頭を下にして産道を通って生まれてくるのです。

けれども子宮頸部に大きな筋腫があると産道を塞いでしまうので赤ちゃんだけでなくお母さんにも危険な状態になってしまう場合は帝王切開になります。

ほかにも子宮筋腫の場所によっては赤ちゃんが正常な姿勢をとれないで逆子に成ったりする場合には自然分娩だと危険だと判断されて帝王切開になる場合もあります。

妊娠中の多発性子宮筋腫の変化に注意

ほかにも妊娠中には多発性子宮筋腫で気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。

その一つが多発性子宮筋腫の変化です。

子宮筋腫の中には大きくなって性質が変化するものがあります。

そこで、気を付けなくてはいけないのが内部が液体状になる液状変性や内部で出血する赤色変性です。

子宮筋腫に傷みがある場合にはとくに注意しましょう。

筋腫への血流が悪くなると痛みが出てしまうことがあります。

安静にしていると痛みが治まることもありますが痛みが続く場合には早めに受診しましょう。

状態によっては流産や早産の可能性もあります。

我慢せずに早めの受診し、状態によっては入院して様子を診ることになるでしょう。

多発性子宮筋腫の開腹手術で不妊になる?

多発性子宮筋腫の手術をするとなった時、不妊になってしまうのではないかと不安になる方も多いです。

確かに手術にはリスクがつきものですし、手術をすることで不妊になってしまう可能性も否定できません。

ですが多発性子宮筋腫の腫瘍が妊娠をすでに邪魔してしまっている時は、思い切って手術をした方が妊娠出産しやすくなる場合もあります。

実際、多発性子宮筋腫の手術をして腫瘍を取り除いた後、すんなり妊娠して出産できたというかたも多いです。

多発性子宮筋腫の手術後も卵管閉塞のままの場合、体外受精や人工授精といった方法もあります。

妊娠を希望される方が手術を考える場合、お医者さんとしっかり相談して慎重に判断することが大切です。

kinsyu-08

多発性子宮筋腫がある女性の妊娠と出産についてのまとめ

いかがでしたか

今回は多発性子宮筋腫がある女性の妊娠と出産についてご紹介しました。

子宮筋腫があると妊娠が可能かどうか気になりますよね。

実際に筋腫があることで不妊の原因となることもあります。

また妊娠をきっかけに子宮筋腫に気づくこともあります。

不妊の原因と考えられる場合には、治療を優先します。

妊娠した場合には筋腫の場所やサイズを見ながら場合によっては出産方法を変えなくてはいけない場合もあります。

どちらにしても自分ではわかりにくいですから、しっかりと専門医に相談することが一番です。

不安を解消するためにも専門医としっかりとお話しをしてみましょう。