子宮筋腫を放っておいて悪化してしまうとどうなるの?その症状は?

子宮筋腫については、多くの女性がご存知だと思います。

成人女性の4人に1人が患っているともいわれている子宮筋腫ですが、できる場所や大きさによっても症状が異なります。

そのため、小さい子宮筋腫があってもまったく気づかない場合もあるのです。

つまり子宮筋腫があっても多くの女性はとくに自覚症状がなく、普通に生活していることが多いのです。

とはいえ、その子宮筋腫を放っておいてよいのでしょうか?

実際に子宮筋腫があるとわかっているのに放っておくとどのような事がおこるのでしょうか?

今回はそんな気になる子宮筋腫を放っておいて悪化した場合の症状などについて学んでいこうと思います。

子宮筋腫による症状は?

まずは、子宮筋腫の一般的な症状からご紹介しましょう。

いくつかの症状があげられますが、月経時に出血量がが多い月経過多や重い生理痛、また経血にレバーのような塊が混じることがあります。

これらの月経時のトラブルが子宮筋腫の一般的な症状といえます。

このような症状が続くことで貧血症状もあるでしょう。

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、大きくなったりしなければ問題がない場合も多いです。

また閉経を迎えると自然に小さくなっていくので様子を診る場合もあります。

ただ、妊娠を望んでいる女性の場合、子宮筋腫が不妊の原因ともなることがちょっと心配です。

  [スポンサードリンク]

子宮筋腫の大きさはどのくらい?

子宮筋腫が悪化するとどうなるのか?

それが気になるところですが、悪化とは子宮筋腫がどのくらいの大きさになった時の事なのでしょうか?

子宮筋腫は標準的な大きさが7センチほどと言われています。

初期の小さいものは豆粒程、大きいものになると乳幼児の頭ほどの大きさになることもあるそうです。

一般的に筋腫が10センチ以上になると手術で摘出した方がいいと言われています。

始めは小さい子宮筋腫も成長していくので、大きさが変化していないか経過観察が大切になります。

筋腫は大きくなるとお腹の外側から触れるとわかり、お腹が出たような感じもします。

とはいえ、もともと肥満体型だったりすると自分ではわかりずらいものです。

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

子宮筋腫が大きくなる速さは?

それでは、子宮筋腫はどのくらいのスピードで大きくなるものなのでしょうか?

実は、子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けて大きくなると言われます。

大きくなるスピードは一定ではありませんから、個人差があり、急激に大きくなる人もいます。

また、妊娠すると大きくなって、閉経後には小さくなる場合が多いようです。

ですから、閉経が近い場合や閉経後に子宮筋腫が分かった場合には経過観察になる場合がおおいでしょう。

子宮筋腫が悪化するとどのような影響があるの?

子宮筋腫が大きくなると自覚症状を感じられるようになります。

握りこぶしぐらいの大きさになると、下腹部にしこりがあるのを感じられます。

また見た目も下腹部がぽっこりち出てきます。

子宮筋腫が大きくなると、膀胱などの他の臓器を圧迫するようになります。

膀胱や腸が圧迫されると頻尿や排尿困難、便秘と言った症状がおこります。

さらに下腹部痛がでたり、月経時のトラブルも進んで、大量出血などがあることもあります。

そうなると普通の生活をすることも困難になったり、貧血が酷くなったりします。

ほかにも、不妊や妊娠しても妊娠を継続できない状態になるなどの影響も考えられます。

もちろん、子宮筋腫があっても妊娠や出産にとくに影響もなく普通に妊娠・出産をしている女性も大勢います。

子宮筋腫の大きさや場所などが問題です。

筋腫の位置が子宮の内側であればあるほど、妊娠や出産に影響があると言われます。

Female patient lying in medical bed at the hospital ward

子宮筋腫を悪化させないために出来ること

では、子宮筋腫があることが分かった場合、できるだけ大きくしないためにどうしたらいいのでしょうか?

子宮筋腫を大きくしないためにできることは、血行を良くすることです。

血流が悪いとホルモンバランスも乱れがちです。

また、血行不良の代表的な症状である冷えが月経痛の悪化や不妊にもつながるとされています。

ですから、血行を良くすることで症状の改善を期待できます。

子宮筋腫が大きくなると手術や薬物療法が必要になります。

そうなるまえに血行をよくして、少しでも悪化を遅らせることをしてみると良いでしょう。

子宮筋腫が悪化するとどうなるかについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、子宮筋腫が悪化した時の症状や悪影響などについてご紹介しました。

ご存知のように子宮筋腫は初期は自覚症状もなく気づかずに放っておく人も多くいます。

けれども、自覚症状が感じられるようになるとかなり大きくなっていることが考えられます。

子宮筋腫が大きくなると他の臓器などを圧迫する為にさまざまな影響を及ぼします。

もちろん不妊もそのひとつです。

今回ご紹介したような悪影響を及ぼす前に治療をすることが大切なのです。

ぜひ、自分に子宮筋腫が疑われる場合には、はやめに専門医を受診して治療の相談をしましょう。